システムエンジニアに転職したい漫画家は得意の漫画で勉強する!

漫画家からのシステムエンジニア転職

漫画家やめてシステムエンジニアになる!?

漫画家やめてシステムエンジニアになる!? 文系はSEに向いている/ 文系はSEに向いている

得意の漫画でIT業界を知ろう

システムエンジニアのことを漫画で知ろう

システムエンジニアに転職する前に、まずはシステムエンジニアを含めたIT業界の仕事について知っておいた方が良いと思います。業界誌などを読むのもよいですが、いちばんわかりやすいのはやはり漫画ですよね。そしてエンジニアが主人公として登場したり、IT業界が作品の舞台になっている作品は結構あります。今回はその中から3つの作品を取り上げましたのでその作品を読んでシステムエンジニアについて、IT業界について理解を深め、さらに興味を持っていただけたらと思います。

大東京トイボックス

まずは「大東京トイボックス」です。作者はうめさんです。テレビでドラマ化されているメジャーな作品です。ゲームクリエイターたちが主人公になっていて小さなゲーム開発会社で大手のゲーム会社に負けないような面白いゲームを開発する物語です。
ゲーム制作の現場がリアルに描かれていると評判の作品で、エンジニアの仕事にも通じるものがあると思います。もちろん漫画として面白くするために誇張されている部分もあるようですが、実際にゲーム制作現場で働いている方が読んでも面白いと評判です。この作品を読めばさらにエンジニアに転職したい気持ちが強くなっていくのではないでしょうか。

>>こちらから販売サイトに移動する
>>こちらから販売サイトに移動する

王様たちのヴァイキング

次に紹介するのが「王様たちのヴァイキング」です。さだやすさん、深見真さんの作品です。IT業界を舞台にした作品で天才ハッカーとエンジェル投資家が世界征服を目指していくという物語です。
天才ハッカーの是枝一希は高校中退で倍ともすぐにクビになってしまうほどコミュニケーション能力が低いのですが、ハッキングの腕は超一流と人物です。エンジニアとしての腕を磨けば、世の中を大きく動かせるような存在になれるかもしれないとこの漫画を読んだら血が騒ぐかもしれません。システムエンジニアへの転職のモチベーションアップにおすすめの漫画だといえるでしょう。

>>こちらから販売サイトに移動する
>>こちらから販売サイトに移動する

予告犯

最後に「予告犯」を紹介します。筒井哲也さんの作品です。不当に解雇されてしまったエンジニアがネットに犯罪予告の動画を流します。そして実際にその予告動画通りの犯行が行われていく…という読んでいてハラハラするサスペンス漫画です。
2015年に映画公開される予定の作品です。この漫画を読むと動画投稿サイトや、アフィリエイトブログ、ネットカフェ、ツイッターなどのSNSなどでのちょっとした事が大きな危険につながることなどを学ぶことができます。もちろん犯罪者になってはいけないのですが、エンジニアの技術とインターネットがあれば様々な社会現象を起こすことができることがわかります。これらの漫画を楽しんで読んで、ますますシステムエンジニアとIT業界に興味を持っていただけたらと思います。

>>こちらから販売サイトに移動する
>>こちらから販売サイトに移動する

SEになろうと悩んでいる人へ

ページトップへ

Copyright © 2015 漫画家からのシステムエンジニア転職 All Rights Reserved.