漫画家など文系の人はシステムエンジニアに向いています

漫画家からのシステムエンジニア転職

漫画家やめてシステムエンジニアになる!?

漫画家やめてシステムエンジニアになる!? 文系はSEに向いている/ 文系はSEに向いている

文系はSEに向いている

漫画家は文系出身者が多い

漫画家を目指す人はそもそも漫画を読むのが大好きですし、読書や映画鑑賞やテレビを見るのが好きな人も多いです。得意な科目は歴史と国語だという人も多く、学校の先生が子どもの頃は漫画家になりたかったとか、小説家として活躍されている方の最初の夢が漫画家になることだったというエピソードをよく聞きます。このように漫画家を目指す人は「文系出身者」が多いようです。まれに理系出身の漫画家もいて、理系の専門知識を活かしたような漫画を描いていて成功されていらっしゃる人もいますが、割合としては圧倒的に文系の大学を卒業した後や高校を卒業した後に漫画家を目指す人が多いです。私も文系出身です。

文系出身でもなれるのか

さてそこで気になるのが漫画家志望である文系出身者が、理系の仕事のイメージの強いシステムエンジニアになれるのかどうかです。しかし実はシステムエンジニアは僕も含めてですがシステムエンジニアは文系出身で活躍している人も数多くいます。そもそもシステムエンジニアの仕事はプログラミングをするなど理系の知識ももちろん必要ですが、文系の人が得意とするような仕事をたくさんする必要があるのです。このことからも理系じゃないからとあきらめることはありません。むしろ文系出身だからこそシステムエンジニアとして働いてみようと思ってもらいたいと思います。

システムエンジニアの仕事とは

システムエンジニアの仕事はプログラミングをするのではなく、その以前の工程を担当します。どんなシステムを構築するかを考えて、そのシステムに必要なプログラムをプログラマーに開発するように指示を出すのが仕事です。システムを何のために開発するかというと当然クライアントのために役に立つものを開発するのが目的です。
そのためにまずは企業の人と会って話を聞いて、必要なシステムを思い浮かべます。思い浮かんだシステムを企業の人に説明するときに理系出身のシステムエンジニアの場合はプログラム言語などの専門用語を並び立てて説明しようとするので、特に理系出身ではない取引先の企業の人に話が通じない場合があります。文系出身のシステムエンジニアなら難しいプログラミングやシステムに関することも誰にでもわかりやすいように言葉を選び順序立てて説明することができます。わかりやすく相手に伝える技術は漫画家に必要な技術と共通点が多いと思います。

利用者も文系のことが多い

企業のために作り上げたシステムを使うのは販売担当者だったり人事担当者だったり、多くは文系出身者の場合が多いです。作り上げたシステムをこれらのユーザーに分かりやすく説明する、または使いやすいようにシステムを作り上げるのは文系の人の気持ちがわかる文系出身者のほうが有利だといえるでしょう。もちろん覚えなければならない理系の知識もたくさんあるので最初は苦労をすると思いますが、将来的に文系出身であることや漫画家としての経験が無駄にはならないということを覚えておいてほしいと思います。

SEになろうと悩んでいる人へ

ページトップへ

Copyright © 2015 漫画家からのシステムエンジニア転職 All Rights Reserved.