漫画家志望者のほとんどは続けられなくなって辞めるという現実

漫画家からのシステムエンジニア転職

漫画家やめてシステムエンジニアになる!?

漫画家やめてシステムエンジニアになる!? 文系はSEに向いている/ 文系はSEに向いている

続けられなくなるパターン

漫画家を辞める理由

いったん漫画家になれたのは良くても、ずっと漫画家を続けられるかどうかは別の話です。この先行きの不安が常に付きまとうのが嫌で僕は漫画家を目指すのを辞めてシステムエンジニアを選ぶことに決めました。漫画が大好きで雑誌などを読んでいる人ならわかると思いますが、面白い作品を描いていて、単行本の売り上げもよかったような人気作家さんの作品がいつの間にか見かけなくなってしまうことがよくあります。国民的な大ヒットを飛ばしたような大作家以外はほとんどが数年で消えてしまっていると言ってもいいかもしれません。いったん漫画家になれたのに、なぜ漫画家を辞めることになってしまったのかは人それぞれですが、さまざまな現実があり漫画家を辞めざるを得ない方向に導いていったのです。

お金の問題で辞めるしかない

漫画家として面白い作品を描いていて、一定のファンはついている。しかしそれだけでは漫画家を続けられない事があります。それはやはり金銭面で苦しくなってしまうからです。良質の作品を描くためにはアルバイトなどをせずに漫画に一心に取り組む必要があります。
連載漫画をしている時は生活には困りませんが、連載が終わって次の連載が決まるまでに難航しているうちに貯金が底をついてしまい、漫画を描き続けるか他の仕事をするかを選択せざるを得ない状況になります。最近の出版不況のせいで雑誌は減り、連載を持つことは以前よりも大変になりました。連載をしても単行本が出版されなかったり、されても部数が少なかったりして連載中に貯金がたいしてできにくい状況になっているのも大きく影響しています。

病気になってしまった

漫画家はフリーランスの仕事ですので、当然病気になって仕事が出来なくなってしまうと社会保険がおりるわけでもありませんし、有給休暇代がもらえるわけでもありません。漫画家の仕事は徹夜が当たり前の過酷な現場で働いていますので、連載中や連載終了直後に燃え尽きたように病気になってしまうことがあります。治ったらすぐに仕事をできるかといえば、一度休養してしまうと勘のようなものがなくなってしまい、復帰するのに時間がかかりますし、復帰をあきらめて漫画家を辞める人もたくさんいます。療養中にお金が無くなって働くしかなくなるという先ほどのお金の問題とリンクする場合もあります。

家庭の事情が変わってしまった

本人の問題ではなく家族の問題で漫画家を辞める場合もあります。親が寝たきりになってしまって看護のために故郷に帰るしかなくなってしまうというケースです。出版社は東京に集中していますので、一度故郷に帰ってしまいますと人間関係が途切れがちになって復帰が難しくなります。また田舎でのんびりした生活を送ってしまうと「またあの締め切りに追われる厳しい世界に戻りたくなくなる」という理由で漫画家を辞める人もいます。

SEになろうと悩んでいる人へ

ページトップへ

Copyright © 2015 漫画家からのシステムエンジニア転職 All Rights Reserved.