漫画家としてプロになれるのはごく一握りという現実を知る

漫画家からのシステムエンジニア転職

漫画家やめてシステムエンジニアになる!?

漫画家やめてシステムエンジニアになる!? 文系はSEに向いている/ 文系はSEに向いている

プロになれるのは1000人に1人?

プロの漫画家になれる人はほんの一握り

プロの漫画家になるためにはどうすればよいでしょうか。同人誌で売り上げを上げてスカウトされたり、ブログで連載している漫画が人気を集めて書籍化されてプロになる人もいます。しかし基本的には出版社に投稿するか出版社が主催している新人漫画賞に応募して賞をとるかのどちらかだと思います。
まずは出版社の編集者の目に留まりいわゆる「担当編集者がつく」だけでも難しいことですので、そこから先のステップに進んでいくのは大変厳しいと思います。私もシステムエンジニアを目指す前にいくつかのステップを進むことはできたのですが、プロを名乗るためのステップを前に挫折してしましました。このように一握りの人しかプロの漫画家として生活できないというのが現実なのです。

プロになるための厳しいステップ

まず漫画家志望者がプロの漫画家として活躍するためにクリアするべき王道のステップを見てみましょう。
まずは「漫画を描いて出版社の人間に見せる」ことが最初のステップになります。なかなか漫画を完成させられない、出版社の人の目に触れるのが怖い人はこの先へは進めません。次に「担当編集者がつく」という段階があります。出版社に持ち込みをした時に応対してくれた編集さんの目に留まりそのまま担当編集者になってくれることもあれば、新人賞に応募して編集さんの目に留まり、賞は逃しても担当編集者になってくれることがあります。担当編集者がつくと、その後の新人賞で賞を取りやすくなりますし、とくに賞を取らなくてもデビューすることができます。
そして「デビューする」ステップです。ここがもっとも難しく長い年月がかかり足踏みをする人が多いところです。一応このステップを果たせば自分はプロの漫画家だと名乗れる立場になります。しかし本当の意味でプロの漫画家と呼べるのは漫画の仕事で生活ができる人です。

デビュー後も厳しいステップが続く

デビューを果たすとその後、いろいろな雑誌に読み切り作品と呼ばれるものを発表することを目指すことになります。一話読み切りの作品で、その作品の評価が高い場合はいよいよ次のステップを目指します。
それが「短期集中連載」といわれる段階です。まずは4話限定などの短期の連載を試用期間のような形で発表します。もしも読者に好評だった場合はそのまま連載になったり、一度仕切り直しをして違う作品で連載を果たすことになります。
いよいよ最後のステップとして「無期限の連載」です。これが決まるといよいよ本格的な漫画家です。ほとんどの漫画家志望の人はデビューはできても連載を持つことができずに退場していきます。そして晴れてプロの漫画家になっても連載の人気が下がってしまうと打ち切りになってしまいます。プロの漫画家として生涯暮らせる人は誰もが知っている国民的なヒット作品を持つような本の一握りの人、1000人に1人いるかどうかという厳しい世界なのです。

SEになろうと悩んでいる人へ

ページトップへ

Copyright © 2015 漫画家からのシステムエンジニア転職 All Rights Reserved.